作業服を着た女性

作業服の種類とそれぞれの特徴

整備士

作業服にはいくつか種類があり、それぞれ特徴が異なります。現場系の作業服の導入を検討している企業担当者の方も多いと思うので、作業服の種類とそれぞれの特徴について紹介します。
代表的な作業服としてつなぎタイプがあります。これは自動車の整備や農作業などで使われ、ほこりや汚れを防ぎやすいのが特徴です。上下がつながっているため、服が引っかかる恐れがなく、安全性にも優れていることがメリットです。次にシャツタイプです。主に夏場に使用される作業服で、通常のシャツと比べ長持ちするのが特徴です。冬場はインナーとして使えるため、1年を通して使うことができます。他にジャケットタイプの物もあります。主にイベント会場や屋外での作業で使用され、上下別になっているので簡単に着用、脱衣できることが特徴です。サイズがあまりにも小さすぎなければどのような方でも使用できるため、サイズにあまりこだわらなくても良いことがメリットです。このように、作業服といってもいくつかの種類があるので、使用用途によって適した作業服を購入する必要があります。
作業服は企業ユニフォームの専門販売会社で購入することができます。インターネットでも販売されているのでぜひチェックしてみてください。

choices contents

information

2020年01月21日
作業服は会社のイメージを決定づけるものですを更新しました。
2020年01月21日
作業服を選ぶ上で重視すべきポイントを紹介!を更新しました。
2020年01月21日
作業服を選ぶ際の注意点についてを更新しました。
2020年01月21日
作業服の種類とそれぞれの特徴を更新しました。